保育園準備ウェア選びのポイント4つ

保育園準備ウェア選びのポイント4つ

保育園が決まったら、そろそろ準備をしておきたいお着替えなどのウェア。保育園からのリストとにらめっこしながら、準備に忙しくなります。そこで今回は、ウェアを探すのに手間取らないよう、選び方を解説します。(文・百田なつき)

タイトル画像の着用アイテムを見る

【保育園準備のポイント1】子どもが自分で脱ぎ着しやすい服を

保育園では、年齢によって自分でお着替えをしなくてはいけないので、着替えやすい服を用意しましょう。子どもが服を着るのにまごつきやすいボトムスは、ウエストがゴムになっているなど子どもでも簡単に脱ぎ着がしやすいものがおすすめです。また、間違えやすい前後も後ろにポケットがあるとわかりやすいので、デザインもチェックしましょう。

脱ぎ着しやすいウエストゴムのボトムス。

脱ぎ着しやすいウエストゴムのボトムス。

後ろにポケットがあり、子どもでも前後がわかりやすいものがおすすめ。

後ろにポケットがあり、子どもでも前後がわかりやすいものがおすすめ。

【保育園準備のポイント2】服にもお名前書きのスペースがあると便利

保育園準備で大変なのは、アイテムやウェア一つ一つに名前を書かなくてはいけないこと。特にウェアは書く場所があまりないので困ります。そんな時、名前を書くスペースがあるウェアなら、スムーズ。特に園内で脱ぐアウターや、なくしやすい靴下にネームスペースがあると便利です。

ネームタグがついているかもチェックポイント

ネームタグがついているかもチェックポイント

はき口を折り返すと名前が書ける靴下も。

はき口を折り返すと名前が書ける靴下も。

【保育園準備のポイント3】子どもの動きを妨げない服がおすすめ

子どもは動き回るのでさまざまな動きに対応できる素材なら、着心地がよく快適に過ごせます。肌ざわりのいいコットンやフライス素材を選びましょう。ボトムスは、例えば、おむつをしていてもお尻周りがゆったりしていると、子どもも動きやすく安心です。

【保育園準備のポイント4】毎日洗濯してもへたりにくい素材の服を

元気いっぱいに遊ぶ子どもの服はすぐ汚れるので、毎日洗濯が必要。洗濯機でガンガン洗ってもへたりにくく、子どもの着心地も快適なコットン素材のものを。アウターも自宅で手洗いできると、汚れてもすぐ対処できます。

保育園のウェアは毎日必要なので、子どもが気に入ったら洗い替え用に何枚か購入しておきましょう。使ったものがわかりやすいように色違いにしておくと安心です。

■この記事に出てきたアイテム
クルーネックT(カモフラージュ・ポケツキ・長袖)
カットソーパンツ(キルト)
クルーネックT(ボーダー・長袖)
レギンス(スター・10分丈)
ライトウォームパデットパーカ
ソックス(リス・2足組)
サルエルパンツ
クルーネックT(カモフラージュ・長袖)

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

百田なつき(エディター/ライター)

インテリア誌、通販誌、結婚情報誌、カタログなどの編集デスクを歴任。現在は大人の女性向けのファッション、ライフスタイルの書籍の編集・ライティングを多く手掛けている。

ライター紹介・ライター記事一覧