おしゃれに差がつくカジュアルシャツの種類と選び方

おしゃれに差がつくカジュアルシャツの種類と選び方

カジュアルシャツといっても種類はいろいろ。素材や色・柄により着心地も見た目のイメージもガラリと変わります。カジュアルシャツ選びのポイントをおさえて、おしゃれの幅を広げましょう。

タイトル画像の着用アイテムを見る

カジュアルの定番オックスフォードシャツ

まず1枚用意しておきたいのは、清潔感のあるコットン100%の白シャツ。丈夫で柔らかなオックスフォード素材のシャツはカジュアルの定番です。ほどよい厚みと上質感、定番のボタンダウンカラーで、シーンを選ばずオールシーズン使えます。背中にプリーツやハンガーループがついた伝統的なデザインのレギュラーフィットならクラシカルな印象になり、すっきりとしたスリムフィットならシャープな着こなしにぴったり。日常使いのベーシックなシャツだけに素材にはこだわって、柔らかく肌なじみのよいものを選びましょう。

オックスフォード素材の白シャツはワードローブの必須アイテム。

オックスフォード素材の白シャツはワードローブの必須アイテム。

柄ものデビューなら万能ボタンダウンのコットンシャツ

カジュアルなのに白シャツ・無地シャツばかりではもったいない。この春から柄ものにも挑戦してみませんか。たとえばプリントの小柄はブルーやネイビーなど落ち着いた色ベースで選ぶと意外と合わせやすく、おしゃれにも差がつきます。
柄ものデビューは「着やすさ」もポイント。風合いのよいコットン素材×万能ボタンダウンがおすすめです。柄に使われている色をベースに全体のコーデをまとめると、こなれ感のあるすっきりした着こなしになります。

素材・着心地ともによいプリントシャツでおしゃれに差がつきます。

素材・着心地ともによいプリントシャツでおしゃれに差がつきます。

合わせやすいチェックシャツで自在にコーデ

柄ものシャツの中でもハードルが低いのは、合わせやすいチェック柄でしょう。色のバリエーションは豊富ですし、タータン、ギンガムなどチェックの種類によっても印象が変わります。少し肌寒い季節はニットを重ねて襟元の柄をチラ見せ、ポカポカ陽気の日はTシャツの上に羽織ってレイヤードしても決まります。

チェックシャツを色違いで揃えてコーデを楽しんで。

チェックシャツを色違いで揃えてコーデを楽しんで。

オン・オフ両方で活躍のストライプ

爽やかで落ち着きある印象を演出できるストライプシャツは、カジュアルはもちろん、きれいめコーデにもぴったりです。柔らかく肌ざわりのよいものが1枚あれば普段使いに重宝します。上質コットン素材のものを選べばビジネスシーンでも兼用で着られるので重宝するはず。特に細めのストライプは違和感なくスーツに合わせられます。

ジーンズにもスーツにも合うベーシックなストライプ柄。

ジーンズにもスーツにも合うベーシックなストライプ柄。

色味でイメージの変化を遊ぶデニム

さらにクリーンにも着こなせるデニムシャツもおすすめ。深いインディゴブルーから白に近いブルーまで色味の幅が広く、色次第でまったく違うイメージを演出できます。カジュアルの定番ですが、ボタンダウンならきれいめコーデにもおすすめです。

しっかりした生地のデニムシャツは1年中着られて重宝。

しっかりした生地のデニムシャツは1年中着られて重宝。

日頃の着回しに欠かせないカジュアルシャツ。気づいたら同じ色・柄ばかりということもありそう。ワードローブをチェックして、幅広いバリエーションで揃えておきたいですね。

■この記事に出てきたアイテム
オックスフォードスリムフィットシャツ(長袖)
オックスフォードシャツ(長袖)
エクストラファインコットンブロードプリントシャツ(フラワー・長袖)BLUE
エクストラファインコットンブロードチェックシャツ(長袖)RED
エクストラファインコットンブロードストライプシャツ(長袖)
デニムシャツ(長袖)

■この記事の関連ページ
ユニクロ カジュアルシャツ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

金田亜喜子(エディター/ライター)

雑誌、企業PR誌、ウェブコンテンツなどの企画・編集制作を行う編集プロダクション・ノーションに所属。長年にわたって服飾以外にも旅行、子育て、デジタル関連など幅広い分野において編集・執筆に携わり、著名人インタビューも数多く手がける。

ライター紹介・ライター記事一覧