春にも出番あり! 重ね着に役立つインナーダウン

春にも出番あり! 重ね着に役立つインナーダウン

実は春の少し手前こそ、寒さがきついもの。真冬が出番のピークと思われがちなインナーダウンですが、着姿をかさばらせたくないこの時期にこそいい仕事をしてくれます。通勤ルックにも取り入れたいインナーダウンの活用法とは?

このコーデができるアイテム→「ウルトラライトダウンコンパクトベスト 」

春先のレジャーに頼もしいダウンのベスト

春の始まりは温度差が激しく、着る服を選ぶのに困りがち。いかにも防寒重視の厚手アウターをまた引っ張り出したくない時期にはインナーダウンが重宝します。

春らしいカラーを差し色感覚で取り入れれば、全体が軽やかな雰囲気に。風除けを兼ねてブルゾンを羽織ると、アクティブな気分が加わって、春先の屋外レジャーにもなじみます。さわやかなホワイトにネイビーは、清潔感のある組み合わせなので、取り入れてみて。

あまり寒くない日はベストの前を開けてアクティブな着こなしを試したい。

あまり寒くない日はベストの前を開けてアクティブな着こなしを試したい。

このコーデができるアイテム→「ウルトラライトダウンコンパクトベスト 」

トレンドのワイドパンツでメリハリを

ゆったりとしたコートはワイドパンツとも好相性。ダウンベストの前を閉じてコンパクトに着るとすっきりした印象に。Vネックにアレンジしても、胸元にVラインが生まれて引き締まって映ります。

メンズコートとワイドパンツの裾をダブルで揺らめかせて。

メンズコートとワイドパンツの裾をダブルで揺らめかせて。

このコーデができるアイテム→「ウルトラライトダウンコンパクトジャケット」

たおやかなスカートに合わせてオフィスでもほっこり

上品な膝丈のレーススカートにインナーダウンを重ね、きれいめカラーの組み合わせに。上から羽織ったコートで落ち感が漂うレイヤードに仕上がります。

ダウンとコートで丈感をずらして、長短のコンビネーションを際立たせると、縦に長いイメージをまとえます。ダウンジャケットを組み込んだアウターの重ね着は、春先の肌寒い日にも頼りになりそうです。

ピンクベージュにホワイトコートのカラーリングが春らしい雰囲気に。

ピンクベージュにホワイトコートのカラーリングが春らしい雰囲気に。

このコーデができるアイテム→「ウルトラライトダウンコンパクトジャケット」

※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

メンズ系アウターで縦長感を強調

細身のチェスターコートは縦長イメージを漂わせてくれるので、シルエットがかさばって見えにくくなります。カチッとした襟や肩からもわかるように、もともとメンズから派生したアウターだから、りりしいムードが全体を引き締めます。

コートの下に着ているインナーダウンベストのつややかさやキルティングが装いに動きを添えてくれます。

内側からVネックをのぞかせるとシャープな見え具合に。

内側からVネックをのぞかせるとシャープな見え具合に。

このコーデができるアイテム→「ウルトラライトダウンコンパクトジャケット」

内側に着込むインナーダウンは温度調節に役立つから、その分、アウターのチョイスで選択肢が広がります。レイヤードにも幅が出せるので、着こなしに深みをもたらす「プラスワン」のアイテムとして、いろいろな組み合わせを試して、春の重ね着コーディネートを楽しんでみてはいかがでしょう。

■この記事の関連ページ
ユニクロ ウルトラライトダウン 特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧